Changing Architecture for a Changing World

●使い手主体の環境をデザインする
●探求的行為を誘発する空間をデザインする
●公共性と事業性を備えたプログラムをデザインする

THE ARCHITECTURE OF EMPOWERMENTは日本を拠点として、建築・地域・都市に関わる調査・研究・企画・設計活動を行っています。特に、地球規模での貧困に起因する居住問題に関して、困難な状況の克服や問題解決に関する事業を行い、持続的な住宅地のデザインと構築に寄与することに力を入れています。THE ARCHITECTURE OF EMPOWERMENTは以下で構成されています。

   九州大学 田上研究室
   田上一級建築士事務所
   特定非営利法人 THE ARCHITECTURE OF EMPOWERMENT



●DESIGN for the sustainable environment
●DESIGN for the autonomous space
●DESIGN for the program of publicness and feasibility

THE ARCHITECTURE OF EMPOWERMENT based in JAPAN is working on architectural and urban design, planning, research and consulting. THE ARCHITECTURE OF EMPOWERMENT is constantly studying about the future of architecture and society through the design activity.



田上 健一 (たのうえ けんいち)

1966 熊本生まれ /
熊本高校 /
筑波大学 /
マンチェスター大学大学院(ロータリー財団奨学生)/
(株)日本設計 第2建築設計群 /
琉球大学工学部助手 /
九州大学大学院准教授 /
九州大学大学院 教授 /

田上一級建築士事務所 主宰

博士(工学)東京大学
一級建築士
技術士(建設/都市及び地方計画)

専門:建築計画・建築設計

日本建築学会 / 日本都市計画学会 / 日本技術士会

九大研究者情報ページへ >
Kenichi TANOUE

1966 Born in Japan/
University of Tsukuba /
University of Manchester,
 Graduate School of Architecture (Rotary Scholar) /
NIHON SEKKEI. inc /
University of the Ryukyus, Assistant Professor /
Kyushu University, Associate Professor /
Kyushu University, Professor /

Principal of
THE ARCHITECTURE OF EMPOWERMENT

Architect (First Class Architect, JAPAN)
Dr.of Engineering (Tokyo University)
Professional Engineer (Urban Planning)

Speciality:Architectural Theory and Design

kenichi tanoue all right reserved 2014-©
文章・写真の引用はお控え下さい